ウェブマーケティングって何から設計するの?

ウェブマーケティングってなんなのか?ってよく聞かれますが、もちろん人によって答えを変えてます。

その話はそのうち書くとして。。。今日はウェブマーケティングって何を元に設計しているのか?について書きたいと思います。詳しくはそのうち書きますが、とりあえず今日はこれだけ。

ウェブマーケの設計

ウェブマーケティングってどうやって設計するのか?よく聞かれるんです。まぁそんなの教えるわけねーだろ、って言ってもいいんですが、まぁいいかなと思って答えてはいます。でも、自分の知識や業界の環境によって正直ちょっと変わる部分も多いんですよね。

それで言うと、今なら

「とにかくターゲット」と答えると思います。マスマーケの時代から1to1マーケの時代に入ったと言われて数年。例えばamazonのようなレコメンドエンジンなんかで一人一人にお勧めができるとはいえ、マーケッターが一人一人のユーザーの行動履歴を前に最適化できるわけではありません。要するに人力が追い付いてないってことですね。確かにビッグデータから抜き出した情報で優秀なアルゴリズムが設計するということも考えられますが、まだまだそこまで丁寧には見れません。

ということは、結局のところ「セグメント」に分けるしかないんですよね。

もちろんマーケティングにおけるセグメントは「同じ刺激に対して同じ反応をする最小単位」ということになりますが、ウェブでは今までの予算規模で出来たことより丁寧にプロモーションが可能です。

というわけで、どれだけ人力というより担当者の脳みそで丁寧にユーザーを想像して、丁寧なプロモーションが組めるか、というのが問題になるわけです。

バナーをたくさん作成しているのを見るのは A/Bテストのためだけじゃない わけですな。

またもう少し詳しくこのあたりについては書きます。このセグメントごとへのマーケティングは今の弊社のこだわりの一つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加